アクセスカウンタ

メタル農園

プロフィール

ブログ名
メタル農園
ブログ紹介
スラッシュメタル、デスメタル、プログレッシブロック等の音楽と、映画、ビールについて書いています。
zoom RSS

軽空母「隼鷹」をつくる

2017/04/18 21:25
残りの作業としては、
・エナメル塗料の黒にブラウンを少々混ぜた、古くなった機械油ぽい色でほんのりとスミ入れ。はみ出た分はそのままウォッシング。機銃をエナメル塗料の黒でスミ入れ(軍艦色の上に黒、でいい塩梅になると思う)。
飛行甲板は、スミ入れするほどのモールドが無いので、木甲板色を塗りっぱなしとした。
・マスト等の残りの細かいパーツを接着。
これで隼鷹本体は完成とした。
最後に、作っておいた艦載機を並べてみる。今日のところは接着せず。

説明書では「艦載機は好きに並べてください」とのこと(ゆるい・・・)。前から戦闘機→艦爆→艦攻の順番で並べて、せっかくなので流星改と彩雲も賑やかしで並べてしまおう。
画像


以上で、軽空母「隼鷹」は完成とします。今回は完全な素組みでディティールアップ・パーツの使用等は無し。その割にえらい時間がかかっているのは、単に放置時間が長かったからです。
画像


画像

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


軽空母「隼鷹」をつくる & 雑記「お花見・桜」

2017/04/17 20:55
1・雑記、お花見
4月15日、例年より遅い花見に行った。
場所は静岡市清水区、大沢川沿いの桜並木。
地元の人しか知らない、隠れた名所だと思う。実際人は少ない。
ここは川沿いに桜並木があるだけでなく、堤防が未舗装なのがよい。
並木の内側に入ると桜のトンネル、周囲360度を桜に包まれる。
↓は川に架かる橋から撮った写真。
画像


2・軽空母「隼鷹」を作る。
ここまでの作業は、
@船体、艦橋、細々したパーツを「軍艦色(2)」で塗装。
A艦載艇を塗装(完成後はほとんど見えなくなる)
B船体、甲板、艦橋を接着。
C細々したパーツを接着
ということで、隼鷹の艦体がほぼ形になった状態になった。
画像

完成も近い。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


軽空母「隼鷹」をつくる

2017/04/10 21:26
隼鷹に搭載する艦載機を作った。と言っても、組み立ては無いので塗装等だけ。
附属しているのは零戦52型、彗星(艦爆)、天山(艦攻)、流星改(艦攻)、彩雲(偵察機)セットのランナー1枚。
流星改と彩雲は1機ずつしかついていないので、オマケみたいなものだろうか?
全機、暗緑色(三菱系)と明灰白色で塗装後、筆塗りで細かい部分の塗り分け。胴体の日の丸はキャラクターレッドでチョンと塗装、主翼上側の日の丸はデカールを使用。主翼下側は(略)。
画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


軽空母「隼鷹」をつくる

2017/03/12 20:35
画像

今日までの製作は、
@船体に艦底色を塗装
空母は船体にいろいろパーツが付くので、もっと早くやるべき作業かもしれない。艦尾の3連装機銃がちょっと曲がっていたりした。
A艦橋の組み立てが終了
意外にパーツが多かった。電探があるなと思ったら、日本空母で初めて電探を装備したのが隼鷹だとか。煙突が外側に傾いているのが個性的でおもしろく、角度は26度(全部今回知った)。
あと、煙突をツヤ消し黒で塗った。
B甲板のアレスティング・ワイヤー(着艦ワイヤー)を塗装
このプラモデルはワイヤーのモールドがあるので、塗装するか、削り落とすか、知らんぷりするかの三択。モールドの両側をマスキングして筆塗りしたが、はっきり言って、はっきり見えすぎになったと思う。メタルブラックという色の選択もよくなかったかもしれない。1/700というスケールを考えると猫の毛くらいの太さになるので、見えなくてもいいくらいになってしまう。
ところでこの「アレスティング・ワイヤー」についてもウィキペディアで調べたが、開発の歴史から現在の運用に至るまで、よくまとまっている記事だった。「着陸する飛行機を引っかけて止めるワイヤーでしょ?」と言えばそのとおりだが、言うは易く、というやつである(そしてここにもあった英国面)。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


水道水 & 軽空母「隼鷹」をつくる

2017/03/08 22:01
1・雑記
仕事で行った先の役所のロビーに貼ってあったPRポスターに衝撃を受けたので、写真をアップさせていただきたい。PRポスターなのでOKでしょう。
日本水道協会なる団体についてはまったく知らなかった。おそらく、水道局に務めている公務員の方や、水道工事に携わる方でなければ同様だと思う。
画像

そのような職人気質(?)な団体が、このようなPRポスターを作っているのだから侮れない。
主人公である少女の名前は不明なので、勝手に「水野くんシリーズ」と呼んでいるこのPRポスター、既に3部作が製作されているというのもすごい。すべて「日本水道協会」のHPで見られるので、興味がある方はぜひどうぞ。

2・軽空母「隼鷹をつくる。戦闘機「雷電」もつくってる。
局地戦闘機「雷電」
画像

局地戦闘機「雷電」は完成。立体で見る雷電はずんぐりむっくりなんてことはない。むしろボリューム感があって格好いいと思う。主翼付け根のややふっくらした部分とか特に好きだ。自分の好みで仕上げは半ツヤ仕上げにした。

軽空母「隼鷹」
画像

高角砲を6個作った。あと、艦橋も引き続き製作中。

記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


艦これ2017冬イベント & 軽空母「隼鷹」をつくる

2017/03/06 21:21
「艦これ」
冬イベントは1週間前に終わっているので今さら感は否定できないが、
最後、伊14と一緒に伊13を双子セットでくれればキレイに終わったのに、と今でも思う。
「悪者を倒してお姫様を助けたあとに、姉妹を探すシーンがだらだら15分間続く映画」なんて無いだろう。

イベント終了メンテと同時に重巡ザラに改2が実装。
LV83待機でも慢心扱いになるとは思わなかった(必要LV88+改装設計図)。
以降、イベント終わったこともあるが、テンション下がって放置プレー中です。


「軽空母「隼鷹」をつくるD」
船体に細かいパーツをくっ付けていく。スポンソンとか機銃台座とかと呼ぶ部分、でいいのかな?
パーツ数もさほど多くないし、付ける箇所に溝も掘ってあるので作業は楽である。
あと、ぼちぼちと艦橋も製作開始した。
ところでこの隼鷹はもともと客船として建造が始まったそうなので、戦闘を前提としていない構造なのだとか。残念ながら、私の空母製作が初なのでピンとこない。最初から空母として建造された飛龍とか翔鶴とか作れば、船体の形状とかの違いが分かるのかもしれない。
画像

製作がまるで進んでいないように見えるかもしれない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


艦これ2017冬イベント

2017/02/24 22:12
「艦これ」
2017冬イベントE3「丙作戦」B
ラスボス「深海双子棲姫」のライフゲージは削りきったので、あとは完全撃破すれば終了という段階まできた。
だが、ここからすんなりいかないのが艦これイベントのラスト。
試しに、wikiで見た「ラストは機動連合艦隊」を試してみるが、道中のフラ潜水ソ級に大破を連発され、このルートは早々に諦めた。
再び水上連合に戻し、第1の金剛を大和に、第2の摩耶改2を大井に代えた。
気がつけば、いつもの第2艦隊になっていた。この↓メンツでクリアした人は少なくないのではないだろうか?
画像

ラストは結局、大井、北上の連撃が決まるかどうかであった。

ともあれ、海域突破報酬、潜水艦「伊14」を無事ゲット。イベント作戦もつつがなく終了した。
画面が鎮守府指令室に戻り、伊14を秘書官に設定して、思った。
「伊13もよこせよ!」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

メタル農園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる